定番絵本 - そらまめずの絵本の本棚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

And to Think That I Saw It on Mulberry Street (Classic Seuss)

マルベリーストリートで主人公がみたものとは? 

空想がひろがって、だんだんストーリーが大きくなっていくお話です。

絵本「キャット イン ザ ハット」の作家として有名な、Dr. Seuss の作品です。
And to Think That I Saw It on Mulberry Street (Classic Seuss)And to Think That I Saw It on Mulberry Street (Classic Seuss)

Dr. Seuss

Amazon
楽天ブックス

Amazon (USA)
関連記事
スポンサーサイト

Where the Wild Things Are かいじゅうたちのいるところ

ある日お母さんに叱られた男の子は、空想の世界に船出します。

英語自体が難しい絵本ではないですが、
”日本語で読んで!”と、そらまめずにねだられ、どう日本語に訳そうか?となかなかに頭を悩ませた本です。


日本での題名は”かいじゅうたちのいるところ”で、日本語版はまた違った趣があります。



Where the Wild Things Are (Caldecott Collection)Where the Wild Things Are (Caldecott Collection)
(1900/01/01)
Maurice Sendak

商品詳細を見る


関連記事

げんきなマドレーヌ

プチとプクは、以前お誕生日にこの本(英語版)にCDがついたものをもらいました。
お話はパリの寄宿舎で過ごす12人のかわいい女の子達と先生のお話。
いろいろお話はありますが、マデラインといえばこのお話です。

ちなみに主人公の名前は日本語だと”マドレーヌ”ですが、アメリカではマデライン(Madeline)という名前です。
毎年4月にロスアンゼルスでは、本のお祭り(ブックフェスティバル)が開催され、今年のマスコットはこのマデラインでした。プクはそこでマデラインのお人形を買ってもらい、大きな着ぐるみのマデラインとも写真を撮りました。



げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1972/11/10)
ルドウィッヒ・ベーメルマンス

商品詳細を見る


関連記事

Google
カテゴリ
そらまめずのプロフィール

そらまめず

Author:そらまめず
そらまめずはロサンゼルスに住んでいるふたごの男の子(プチ)と女の子(プク).7才になりました.

平日は朝から夕方まで小学校に通っていて,昼間は英語の生活,おうちに帰ってくると日本語の生活です.

テレビやDVDはほとんど英語でみていましたが,最近リージョンフリーのDVDを買ったので,日本のDVDがたくさんみられるようになりました.難しい日本語も喋れるようになってきました。プリキュアやゴーカイジャーにはまっています。

タグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
  フィードメーター - そらまめずの絵本の本棚
リンク
FC2カウンター
アクセスランキング
参加ランキング
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
ジモモ ロサンゼルス track feed そらまめずの絵本の本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。